投資について正しい知識を得たいが、何を見たら良いか分からないと困っているあなたに、投資学習サイト「金融リテラシー.COM」*をお届けします

https://kinyu-literacy.com

 

「金融リテラシー」の向上に役立つ上質なコンテンツを紹介する。一口にそうは言っても、インターネット上には多種多様なコンテンツがあふれています。このサイトでは、以下のような流れでコンテンツを整理し、それらを「入門」、「初級」、「中上級」などに分類しました。その中から(編集者の主観ながら)お薦めのコンテンツを選び、優先順位を高めて紹介しています。また、各コンテンツには、動画や図説といった表現手段なども付記しました。

1.ライフプランと資産形成

子供でも大人でも「暮らし」と「お金」は切り離すことができません。一生のうちには、日々の暮らしとは別に、教育、家族、住宅、老後などの節目で大きなお金が必要となることもあります。これからの暮らしの中で、いつ、どれだけのお金が必要かを知ることは、将来にお金のことで慌てないための第一歩です。その上で、お金の役割や将来への投資の必要性を正しく理解し、少しでも豊かに生活をしていくための資産形成のあり方を考えて行きましょう。

ここでは、
【子供・学生:「暮らしとお金」を考える】、
【若者世代:「将来設計とマネープラン」を考える】、
【中高年世代:「老後に備えた資産形成」を考える】、
と世代を3つに分け、ライフプランと資産形成に関わる上質なコンテンツへのリンクを掲載しています。

2.資産運用・証券投資の基礎

人口減少と高齢化が進む日本において国や地方公共団体の手厚い社会保障がいつまでも続くと考えるのは現実的ではありません。国がNISAやiDeCoという非課税投資制度を充実させているのは、国民の自助努力による資産形成を支援し、豊かな老後を自分たち自身の手で築いてもらおうというメッセージでもあるのです。「貯蓄から資産形成へ」は、富裕層のためのスローガンではなく、普通に生活する私たち自身が必要としているアクションです。
とは言え、すぐに資産運用を始めるには「金融リテラシー(金融の知識とその活用経験)」が不足しているというのが、多くの日本人の現状です。
まずは資産運用・証券投資の基礎を身に付けることから始めましょう。
既に投資を始めている方々も、この機会にもう一度ご自身の知識を確かめられたらいかがでしょうか。
 「資産運用の基本」を学ぶ
 「投資信託の使い方」を学ぶ
 「株式投資」を初歩から学ぶ
 「?な用語」を調べる
という4つのセクションにコンテンツを集めましたので、目を通してみてください。

3.投資の実践に当たって

「資産運用・証券投資の基礎」を身に付けたら、いよいよ投資の実践です。でも「行き当たりばったり」に大きなお金を投じてしまうのはいけません。まずは「作戦」を練りましょう。
 「リスク」と賢く付き合う
 「非課税投資制度」を活用する
 確かな筋から「情報」を収集
 「模擬運用サイト」で練習する
といった準備をするのも有効です。

4.トリビアで一息

学校の授業でも、先生が試験に関係ない雑談を始めると「ほっと」気が休まることはありませんでしたか? 真面目一方の勉強は疲れるものです。少し脇道の話題で頭を休めてはいかがでしょうか?
投資の世界の賢人・哲人・達人と呼ばれるような人たちが持っていた(いる)投資哲学は? ファンド・マネージャーが個人投資家に伝えたいメッセージは? 先人たちが残した投資の名言・格言は? お金にまつわる面白い話は?などなど。
あなたの好奇心を刺激するコンテンツがきっとあります。

ここでは
 投資の世界の達人・専門家
 投資理論をちょっとだけ
 相場の格言
 雑学・豆知識
に分けてコンテンツを収録していますが、そうしたジャンルに収まらないものが混在していますことをご容赦ください。

 

 

*「金融リテラシー.COM」は、機関投資家向けの資産運用に30年以上も携わってきた経験と大学での投資教育の経験を基に、弊社の創立者の一人が「キュレーター」として立ち上げたサイトです。
当初から弊社のサービスとの融合を企図して開発されたもので、これから「賢者のポートフォリオ」とのコラボレーションを展開して行きたいと考えています。

 

      

  

  

あせまねライフのトップページに戻る